スキンケアの方法について知ろう!

状況別のスキンケア

スキンケアは状況によって、その行動を変える必要があります。例えば、洗顔についてですが、ニキビが出来てしまったときにはオイル系のスキンケアアイテムは避けた方が無難です。なぜなら、オイル系のスキンケアアイテムにはニキビの原因菌のエサになる可能性があるからです。エサを食べたニキビの原因菌は増殖して、ニキビが増えてしまう恐れがあります。そのため、クレンジングにはミルクタイプ、またジェルタイプを選んで肌に刺激が残らないようにする必要があるのです。

さらに、肌が乾燥しているときには洗い過ぎにも注意しましょう。これは、洗顔によって肌に必要な潤いを洗い流してしまうリスクを考慮したものです。洗顔後は特に乾燥した状態になりやすいので、ニキビなどの炎症部分を避けながら、ジェルタイプなどで保湿をしておきましょう。また、ニキビの繁殖を防ぐような化粧品を使うこともオススメとされています。

いつも同じようなスキンケアをすることは、必ずしも肌に良い結果を与えるとは限りません。常に肌の状態を読み取って、それに合った適切なスキンケアをすることが重要となります。ニキビが出来ているときや、乾燥をしているときは、特に気をつけましょう。